一軒家

住宅も衰える|屋根塗装をして丈夫にしよう

葺き替え工事とは

作業員

葺き替え工事の費用を確認

紫外線や雨、風といった影響は地域によっては台風などの、自然災害のダメージをダイレクトに受けてしまう屋根は、他の箇所に比べて劣化しやすいという特徴があります。特に雨漏りは屋根で起こりやすい、劣化現象の1つです。雨漏りをしてしまうほど、劣化が進んでいる場合は修理で葺き替える事をおすすめします。屋根の修理と一言でいっても、その種類は様々です。傷みが激しいという場合は、既存の屋根を取り外して新しい屋根材へと、葺き替える修理が必要となります。このような修理方法は葺き替え工事と言われており、屋根の修理法としてはポピュラーです。葺き替え工事は屋根材だけでなく、その下にある防水シートも交換するので、家自体の耐久性を高められるという魅力があります。雨漏りが広範囲に広がっているという場合でも、全てを一新する葺き替え工事であれば、それ以上雨漏りの被害が広がってしまうという心配もありません。軽い屋根材に変える事によって、家にかかる荷重が少なくなり地震発生時の倒壊リスクを少なくするといった効果も期待出来ます。全てを葺き替えるという事もあり、葺き替え工事は他の修理法に比べると費用相場は高めです。使用する屋根材や修理を行う広さなどによって変わりますが、葺き替え工事の場合にかかる費用は、約70万円から140万円程度が相場となっています。費用相場は決して安いとは言えません。ですが、屋根材や下地まで全てを新しく出来るという事もあり、家の寿命を考えた際は、決して高い相場とは言えないでしょう。