一軒家

住宅も衰える|屋根塗装をして丈夫にしよう

施工の目安をチェック

塗装作業

劣化の目安

屋根は普段、自分でくまなく確認しない箇所です。ですので、気が付かないうちに劣化が進んでいるというケースも少なくありません。屋根の劣化は直接、家自体の劣化にも繋がるので注意が必要です。劣化によって雨洩りが起こり、柱や梁が腐るなどのトラブルが起こりやすくなります。家の要となる柱や梁が傷んでしまうと、耐震性も落ちてしまい万が一の時に危険です。屋根の劣化は未然に防ぐという事が安全なマイホームをキープする為には欠かせません。屋根塗装は屋根のメンテナンスとして、基本のリフォームと言われています。屋根塗装を行う事によって、屋根にまた新たな塗膜が作られ、雨水をはじく紫外線のダメージを軽減できるのです。雨洩りが起こるような大きな劣化が起こる前に、屋根塗装を施しておきましょう。屋根塗装を行うかどうかの目安としてはいくつかの基準があります。瓦屋根の場合、瓦にひびが張っているというのが施工を行う1つの目安です。スレート屋根であれば棟板金の浮きや釘抜けといった状態、苔やカビが屋根に生えている場合も、早めの施工を考えましょう。このような屋根の劣化具合を知る為には素人の場合、双眼鏡を使い確認するしかありません。双眼鏡だと細かい部分の劣化は、分かりにくいので傷んでいる箇所を、見逃してしまうかもしれません。より詳しく確認しようと屋根に上るという行為は、怪我の危険性もあるのでしないようにしましょう。無理をして劣化具合を確認しようとせず、屋根塗装を行っている業者に確認してもらうようにしましょう。